mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

クマがトレードマーク、北欧生まれの老舗シューズブランド

MARK IS みなとみらい1Fにある「THE NATURAL SHOE STORE」で取り扱っている「カルフ」をご紹介します。フィンランド生まれの「カルフ」は、今年で創業100周年! 北欧らしい鮮やかなカラーリングが特徴です。

ちょっとだけ、その歴史をたどってみることに。

フィンランド語で”熊”を意味する「カルフ」は、1916年にフィンランドのヘルシンキで生まれました。小さな工場でスポーツギアの製造からスタート。ヘルシンキオリンピックでは公式サプライヤーとなり、「フライング・フィン」と呼ばれるカルフを履いた選手たちが活躍しました。

60年代には世界初のトレーニングシューズを、70年代にはエアクッション機能搭載のランニングシューズを開発。


マラソンなどのスポーツの大会で「カルフ」のシューズ販売を行っている様子。

80年代には、ソールにオリジナルの三角型クッションを搭載。足の着地から踏み出しまで、身体の支点を正しい位置に定めることで、効率的な歩行をサポートする独自のフルクラムテクノロジーも開発。そんな数々の逸話を残してきた「カルフ」のシューズは、今では北欧を代表するスニーカーブランドとして世界中の人々に愛されています。

現在では、当時のモデルを復刻してタウンユースとして発表。トレンドのレトロランニングとして注目を集めています。履きやすくて、カラフルで選ぶのが楽しくて、さらにスタイリングもしやすい「カルフ」のシューズ。気になる人は今すぐ「THE NATURAL SHOE STORE」へ。

「本当の心地よさを求めて」をコンセプトに世界中から歩きやすい靴だけを集めた靴のお店です。
ヨーロッパのブランドを中心に、履き心地はもちろん、美しいデザイン、自然にやさしい素材や製法などに
こだわった靴を集めました。長くご愛用いただくために、店内の工房でケア&修理も承ります。

このスポットの記事

オススメ!掲載記事

関連記事

  • スペシャルティコーヒーをお家でおいしく飲むコツ、プロが伝授

  • 普段着ジャケパンは少しルーズなシルエットで着こなす

  • ドレスアップはもちろん、カジュアルアップにも効果大の“パール”

  • 店主の「好き」が詰まった小さな和菓子屋さんで、ほっこりなひととき