mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

今年で創業100周年! 定番のおいしさを再発見。

大正5年(1916年)の創業以来、毎日ていねいにパンを作り続けてきた花咲町のパン屋さん。開店当時は初代が修行した店の名を引き継ぎ「日本堂」と称していたが、戦後、まず喫茶として営業を再開したときから「コティ」を名乗るようになったという。
そんな歴史からもイメージできるように、店頭にはオーソドックスな菓子パンや甘食、コッペパンサンドが並んでいて、なんだかホッとする雰囲気。甘いもの好きのご主人が作る「つぶしあんあんパン」(165円)は、間違いなく絶品。「シベリア」(340円)や「甘食」(340円)は、遠くから買いに来る往年のファンも多い「伝説のパン」だ。


「シベリア」(340円)は、羊羮をカステラで挟んだ日本生まれの菓子。作りやすさを考えたら四角形でも良いのだが、コティベーカリーでは昔ながらの三角形にこだわっている。


現在の店主夫妻は、日付が変わると同時に目を覚まし、朝9時の開店に向けて仕込みを始めている。「目覚ましは3つかけているけど、ずっとそういう生活だから12時には目が覚めちゃうのよ」と笑顔で答えてくれた。


数ある人気パンの中で注目は、写真後ろに控えている「ぶどう食パン」(380円)。干しぶどうが驚くほどたっぷり入っているので、1斤600gはある重量級。厚めに切ってトーストし、薄くバターを塗って食べるのが、ご主人のお気に入り。

コテイベーカリー

丁寧につくられたパンが並ぶ。
人気のパンは早い時間に売り切れてしまうことも多い。
前日予約が可能。

  • ショップ・スポット名
    コテイベーカリー
  • 住所
    神奈川県横浜市中区花咲町2-63
  • 電話
    045-231-2944
  • 営業時間
    9:00〜19:00(祝日10:00〜19:00)
  • クレジットカード
  • 駐車場
  • 喫煙
    不可
  • 予約
    パンの予約可
  • サービス料・チャージ
  • 平均利用額
    〜1,000円
  • 個室
  • 総座数
  • コース料理
  • 貸切
    不可

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 口に広がる肉汁がたまらない! 豪快にかぶりつこう

  • 女性が喜ぶサービスが充実!浴衣で湯めぐりできる旅館?

  • カラフルなドフィノアのグラタン 〜 クリスマスの名脇役レシピ! 〜

  • Tomei"s カルフォルニアワインのおいしさに目覚めるお店。