mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

旬のいちご、30分食べ放題!品種ごとの味の違い、食べ比べてみて♪

たわわに実った真っ赤な果実が春の訪れを感じさせるいちご。青葉区にある徳江いちご農園では、章姫・とちおとめ・紅ほっぺ・ほのか・おいCベリー・あすかルビーをメインに栽培しており、延べ850坪のハウスでは5月初めごろまでいちご狩りが楽しめます。「食感や香りによって驚くほど味が違いますので、食べ比べてください」(園主・徳江栄一さん)。
「味には自信がありますよ」と胸を張る徳江さんは、農薬使用量を通常の5割以下に減らす減農薬栽培を採用。いちご狩りのシーズンを終えると苗をハウスに移植し、約1年半をかけて育て上げます。栽培法のこだわりをお聞きすると、「企業秘密」と笑いながら、「天気予報だけではなく、月の満ち欠けや旧暦も参考に、『寒くなりそうだな』とか『雨が多そうだな』と予想を立てて大切に栽培しています」と教えてくださいました。
徳江さんいわく、満月の日は果菜類が、新月の日は根菜類がおいしくなるのが自然の摂理だとか。ちなみに、次の満月は3月23日と4月22日。ぜひ参考に、おいしいいちごを味わいに出かけてみてくださいね!


取材におじゃました1月下旬、ハウスにはすでに真っ赤ないちごがたくさん!


園主の徳江栄一さん

徳江いちご農園

例年1月から5月初めまでいちご狩りが楽しめる「徳江いちご農園」。ご主人が絶対の自信を持ついちごは、例年さまざまな種類を栽培し、「これはおいしい」と納得できるものを見極めているのだとか。ぜひ、旬の味を楽しみに出かけてみて。いちごは30分食べ放題。料金は時期によって変わります。

  • ショップ・スポット名
    徳江いちご農園
  • 住所
    横浜市青葉区下谷本町
  • 電話
    080-6789-7356
  • 営業時間
    10:00〜15:00 不定休。お出かけ前に、いちごの状況を電話確認を。

マップ

関連記事

  • 老舗酒蔵「中澤酒造」の酒蔵見学へGO!日本酒に舌つづみ!

  • 肉と野菜バランスよく ワンプレートで

  • 見た目も、香りも、味わいも、さっぱり爽やかなレモン!!

  • ぐるめ亭の名物! ぷちぷちのいくらを、こぼれ落ちるほど贅沢に