mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

世界中の街角を芸術品として彩った“魅惑の映画ポスター”が集結

 

20世紀の都市の風景はポスターを始めとする「広告」が街を賑わせ、移りゆく街並みを束の間に彩っていました。各国の建物や環境に見合う広告物の大きさで制作され、その土地の生活や流行、社会情勢を反映しながら「街角の芸術」としても人々を魅了してきました。

映画ポスターがどのように見られていたかも国によって異なります。チェコやポーランドでは、宣伝媒体というよりはむしろグラフィックアートとして受容されていました。宣伝効果を重視したアメリカのビルボード(大型広告板)的な大衆向けのアプローチ、著名デザイナーによるフランスの劇場広告、ロシア・アヴァンギャルドの芸術と密接に結びついたダイナミックな構図など、それぞれに特色があります。

本企画展では世界各国の魅力的なポスターを、日本の作家たちのアートワークも含め紹介します。広告的な戦略に基づく創意工夫、デザイナー独自のユーモアや解釈が映画の雰囲気と絶妙にマッチするものなど、ポスター芸術のさまざまな意匠をお楽しみください。

 

《見どころ》
■作品のイメージや解釈を大胆な色彩やデザインで表現し、グラフィックアートとしても堪能できる世界の映画ポスターを約100点展示します。
■日本の映画ポスターデザインを支えてきた先駆者たち、そして世界各国の映画ポスターに魅せられた人物たちによる貴重なトークイベントを実施します。

 

 

企画展「魅惑の映画ポスターデザイン 〜甦る街角の芸術〜」
[日時]6月22日(金)〜9月17日(月・祝)9:00〜17:00
[会場]鎌倉市川喜多映画記念館
[休館日]月曜日
[料金]一般¥200、小・中学生¥100
[主催]川喜多・KBSグループ(鎌倉市川喜多映画記念館指定管理者)
[TEL]0467-23-2500
[URL]http://www.kamakura-kawakita.org

 

関連イベント
参加費無料(要入館料)の「ギャラリートーク」もチェック!!
「紙上最大の作戦 ポスターは見てから描くか、描いてから見るか」
[日時]8月12日(日)15:30〜
[ゲスト]檜垣紀六(広告図案士)、大島依提亜(グラフィックデザイナー)

 

「ポスター・ストレンジラブ 各国のポスターデザインは如何にして作品の魅力を一枚のカタチにしたのか」
[日時]8月26日(日)15:10〜
[ゲスト]小野里徹(ポスターコレクター)、岡田秀則(国立映画アーカイブ主任研究員)

鎌倉市川喜多映画記念館は、映画の発展に大きく貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅跡に、鎌倉市における映画文化の発展を期して、2010年4月に開館しました。本記念館では、映画資料の展示、映画上映をはじめとし、映画関連資料の閲覧やWeb検索も行なっていただくことができます。また講座・講演会やワークショップなども年間を通じて開催いたします。

建物は平屋建ての和風建築で、数寄屋造りのイメージを表現し周囲の環境に調和しています。板塀もかつての面影をそのままに復元しており、展示室の明るく広い開口部からは緑豊かな庭園も眺められ、古都鎌倉の落ち着いた雰囲気をかもし出しています。

*******************************
連日賑わいを見せる小町通りから近いながらも、一本奥に入っただけとは思えない閑静な環境に位置し、古都鎌倉らしいゆったりとした時間をお過ごしいただけます。また、いまや鎌倉市から映画館の灯火は消えてしまいましたが、フィルム映写機の設備を備えた劇場では、古今東西の名作を定期的に上映しており、大きなスクリーンで映画をご堪能いただけます。

*******************************

《アクセス》
●JR鎌倉駅・江ノ電鎌倉駅 東口下車
●小町通りを八幡宮に向かい 徒歩8分

  • ショップ・スポット名
    鎌倉市川喜多映画記念館
  • 住所
    神奈川県鎌倉市雪ノ下2-2-12
  • 電話
    0467-23-2500
  • 営業時間
    9:00〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、翌平日を休館日とします)、年末年始、展示替期間など
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
    無(駐車設備がありませんので、 公共交通機関をご利用ください。)※但し、障がい者用駐車スペース1台有。
  • 予約
    可(映画のチケットは、原則上映日前月の第3土曜日より、記念館窓口・島森書店・たらば書房・上州屋にて販売、但し電話予約は不可)
  • 平均利用額
    【観覧料】(通常展)一般¥200、小・中学生¥100、(特別展)一般¥300、小・中学生¥150 【映画鑑賞券】(通常上映)一般¥1,000、小・中学生¥500、(特別上映)一般¥1,500、小・中学生¥750 *その他、割引料金等について詳しくは記念館までお問い合わせください。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 図案家ってどんなお仕事?…ポスター、カレンダーから探ろう!

    開催期間:2018.07.21〜2018.10.28
  • 所蔵品展「豪華客船ノルマンディー」大西洋航路最速をめざして

    開催期間:2018.06.30〜2018.08.26
  • 気配、蠢き、風、リズム…絵の中で“動く世界”を見つけに

    開催期間:2018.06.23〜2018.09.02
  • 太陽の塔リニューアル記念! 岡本太郎が生んだパブリックアートの世界

    開催期間:2018.07.14〜2018.09.24