mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

夏休みの自由研究のヒントに! マンガワークブックで馬について調べよう

 

横浜・根岸にある馬の博物館では、夏休みの期間にあわせて様々なイベントを開催いたします。馬について学んだり、馬の世話を体験したりといった、夏休みの自由研究にも役立つ講座をはじめ、開催中のテーマ展と連動したワークショップ、定期実施の「にんじタイム」や「乗馬デー」など、ご家族でお楽しみいただけるイベントを多数ご用意しております。 皆様のご参加をお待ちしております!

馬の博物館 夏休み企画概要
[日時]7月21日(土)〜8月26日(日)
[会場]根岸競馬記念公苑 馬の博物館・ポニーセンター
[料金]無料 ※但し、馬の博物館の入館料(大人¥100、小中高生¥30、毎週土曜日は小中高生無料)が必要です。
※天候または馬の体調等により、予告なくイベントの内容を変更または中止することがあります。

 

「学芸員と一緒にワークブックで馬について調べよう」
内容がマンガになっているワークブックを使いながら、学芸員が馬について解説します。
[日時]➀8月11日(土・祝)、➁8月18日(土)、➂8月25日(土)各日14:00〜14:40頃
[会場]馬の博物館 第4展示室
[対象]小学1〜4年生(事前申込・保護者同伴)
[定員]各日20名
[料金]無料 ※但し、馬の博物館の入館料(大人¥100、小中高生¥30、毎週土曜日は小中高生無料)が必要です。
[応募方法]往復はがきに必要事項(下記の➀〜➅)を記入のうえご応募ください。
➀住所 ➁氏名 ➂ふりがな ➃学年(未就学児は年齢) ➄電話番号 ➅参加希望日
(第1・2希望)を明記し、下記宛にご応募ください。
●宛先:〒231-0853 神奈川県横浜市中区根岸台1-3 馬の博物館 企画広報課「ワークブックで調べよう」係
[募集期間]募集中〜7月27日(金)必着
※応募者多数の場合は抽選となります。
※結果は、返信はがきにて8月3日(金)までに通知いたします。
[TEL]045-662-7581(馬の博物館)

馬と人との交流によって生まれたさまざまな文物を、自然史・歴史・民俗・美術工芸・競馬などの幅広い分野の中からテーマを定め、年間5〜6回に分けて、ご紹介しています。春には特別展、秋には企画展を開催し、より深く多様な視点から馬文化について知ることができます。

また、ポニーセンターではサラブレッドやポニーなどさまざまな品種の馬を飼養しており、毎週土曜日のにんじんタイムや、毎月第3日曜日の乗馬デーなど、実際に馬とふれあうことができるイベントを行っています。

  • ショップ・スポット名
  • 住所
    横浜市中区根岸台1-3
  • 電話
    045-662-7581
  • 営業時間
    【開館時間】10:00〜16:30(入館は16:00まで) 【開苑時間】9:30〜17:00 【休館・休苑日】月曜日(但し祝日・振替休日は除く)、年末年始、その他臨時休館あり
  • 駐車場
    専用駐車場無し/根岸森林公園駐車場をご利用ください

このスポットの記事

関連記事

  • 「みうら市民まつり」はフードコート、フリマ、野外ライブなど盛り沢山!!

    開催期間:2018.11.18
  • 神奈川近代文学館で、寺山修司展記念シンポジウムを開催

    開催期間:2018.09.30
  • こどものための出張型造形美術ワークショップ参加者大募集!

    開催期間:2018.08.19〜2018.12.09
  • 能・狂言の上演のほか、仏教と能についての特別講演も!

    開催期間:2018.11.23