mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

Gourmet
2018.07.20

老舗精肉店で絶品洋食をテイクアウト!

肉料理からサラダまで
ずらり並んだ惣菜を求めて
大正12年創業の精肉店へ
【尾島商店 本店】

「尾島」といえば、野毛を愛する人なら誰でも知っている老舗精肉店です。昨年、すぐ隣にステーキやハンバーガーが食べられる「ミートカフェ オジマ」が開店したことから、改めて注目が高まっているのはご存知の通り。

おしゃれなカフェはもちろん魅力的なのですが、メニュー豊富な惣菜がある限り、通うのはやっぱり尾島商店。いつも行列ができているけれど、何を買うか(食べようか)と熟考しながらなので、並ぶのもまた楽しみの一つなのです。
店頭に吊り下げられた「濱吟焼豚」も気になりますが、今日の夕食はハンバーグに決定!

国産牛100%のボリューミーなパテに、オニオンフォンドヴォーソースがベストマッチング。付け合わせにポテトサラダも買って帰れば、一日の疲れが一気に吹き飛ぶ、至福の晩餐になること請け合いです。

こちらは人気の「メンチカツ」。牛肉がぎゅっと詰まってます!
お家まで待てずに、ガブッとかじりついたことがあるのはナイショ。

やっぱり気になるのが、お隣にできたカフェ。
メニューにはステーキも並んでいるけれど、入り口付近にはミートパイやお弁当なども並んでいるので、お財布を心配しなくても大丈夫そう。空席がある時間帯を狙ってGO!

これが噂の「尾島バーガー」。さすがお肉屋さんのハンバーガーです。 国産牛100%のパテを注文を受けてからじっくり焼き上げてくれるので、ふっくらジューシー。
サイドオーダーは「じゃがいも」か「さつまいも」が選べるので、ついセットでオーダーしてしまったのですが…ハンバーガーだけでお腹いっぱいになるボリュームです。

店頭に並んでいるメニューを店内でいただくこともできます。残念ながらミートパイが完売だったので、お肉屋さんの定番「カツサンド」にトライ!


ドリンクとセットで、おしゃれなトレーに乗せてサーブしてくれました。お肉の厚み、柔らかさ、味わい。どれをとっても「軽食」というカテゴリーに収まるものではありません。次はもっとお腹を空かせてこなくては、と心に誓いました。

SPOT INFO

尾島商店

文明開化の地、横浜にて、大正12年創業の精肉店が本当に美味しい食材だけを皆さまにお届けすることをモットーに横浜野毛の地で営業をしてまいりました。厳選した国産豚のみを使用し、秘伝のタレに漬け込み、炭火でじっくりと焼き上げた「濱吟焼豚」をはじめ、「濱吟焼売」、「濱吟豚味噌漬け」、「もつ煮込み」などの加工商品。さらに牛肉・豚肉・鶏肉など各種生肉の販売も行っております。

  • ショップ・スポット名
    尾島商店
  • 住所
    神奈川県横浜市中区野毛町2-93
  • 電話
    045-231-0339
  • 営業時間
    10:00〜19:00
  • クレジットカード
    可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、銀聯)
  • 駐車場
  • URL
検索