mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

笑って! 学んで! 中華街の真ん中にある水族館

チャイナスクエアビル3階にある水族館をご存知ですか?
アイデアいっぱいの展示は、おとなも夢中になれますよ!

 

「中国にある小さな南の島の小学校」がモチーフなので、エントランスでは下駄箱型の水槽がお出迎え。ビルの3階という限られたスペースにある小さな水族館とはいえ、151本の水槽に400種・一万匹の魚が大集合。館内の展示は「笑える! 学べる! 楽しめる!」というコンセプトの通り、思わずクスッと笑ってしまう工夫がいっぱいです。


水槽の前にはそれぞれ「三択クイズ」が用意されているので、 一つひとつじっくり取り組めば、お魚博士になれそうです。

三択クイズは、水槽前にセットされたペンを使って答えを選ぶ仕組み。ピタッと吸い付いたら正解!

「実験ゾーン」では、海の生き物たちの習性に基づいたユニークな実験を実施中。寿司ネタを集めた水槽、かくれんぼが得意な魚を集めた水槽、ショータイムのある水槽など、それぞれに趣向を凝らした展示は、一つひとつじっくり見ていくと時間を忘れてしまいそうです。

この中に魚が隠れているのですが、見つけられますか?

こちらは魚たちのショーが楽しめる水槽。左側のステージが明るくなると、右側の「楽屋」から魚たちが登場してマイクの前で大合唱!
素敵なショータイムができる理由は、水族館の先生たちに聞いてみて。

水槽の真ん中に頭を出して、魚たちを間近に観察。ちょっとドキドキしますが、記念撮影もできるのでぜひトライ!

さらに、1〜2カ月ごとにテーマが変わる企画展も実施。夏休み期間中のテーマは「危険な海の生き物について学ぶ」が予定されているので、お出かけ前に親子でのぞいてみるといいかも。


奥にある「赤ちゃん水族館」のエリアは幼稚園がモチーフ。魚の卵や赤ちゃんを展示しているほか、ウミガメの赤ちゃんを預かり、独り立ちできるまで育てるサポーター役も担っているとか。
低い位置に水槽があるので、小さな赤ちゃんも、ハイハイしながら海の生き物たちに会えるのが嬉しいですね。

靴を脱いでくつろげるスペースに、水槽と一体になった遊具が並んでいます。魚たちと一緒に遊んでいる気分が楽しめるかな?

赤ちゃん水族館は、トイレの中にも水槽が!
トイレに行くのを嫌がるちびっこも、これなら喜んで行ってくれそう。

当日なら何度でも再入館OKなので、中華街にご飯を食べに行ってもいいし、暑さに疲れた赤ちゃんの休憩所としても活用できそうです。


最後の楽しみはやっぱりミュージアムショップ。文具からぬいぐるみまで、どれも可愛らしくて迷ってしまうけれど、オススメは深海生物として話題になった「ダイオウグソクムシ」のマスコット。世界中でここでしか見られない、白いオオグソクムシも人気です。

ご案内いただいた石井さん(左)と沼崎さん(右)。スタッフは「先生」の名札を付けていて、笑える展示に隠された真の意図を、優しく教えてくださいます。
本当にありがとうございました !


Information

[住所]横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3F
[TEL]045-222-3211
[URL]http://www.omoshirosuizokukan.com
[開催時間]平日10:00〜18:00/土日祝10:00〜20:00
*夏休み期間中は全日10:00〜20:00
(最終入場は各30分前)
[休館日]無休
[入場料金]大人1400円/子ども(4才以上小学生以下)700円 *3才以下は無料

 

笑える! 学べる! 楽しめる! をテーマにした水族館です。小学校をイメージした「おもしろ水族館」と、魚の稚魚や卵をテーマにした「赤ちゃん水族館」から成り、大人でも楽しめます。

  • ショップ・スポット名
    ヨコハマおもしろ水族館 赤ちゃん水族館
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3F
  • 電話
    045-222-3211
  • 営業時間
    平日/10:00〜18:00 土日祝/10:00〜20:00 *春休み・GW・夏休み・冬休み期間は連日20:00まで営業(最終入館は各30分前)
  • 平均利用額
    大人(中学生以上)1,400円/子ども(4才以上小学生以下)700円/シルバー(65才以上)1,000円
  • URL

関連記事

  • チェンマイで手作りされる 温かみいっぱいのアイテム

  • タクシードライバーが通う! 海水うにが味わえる回転すし店

  • シンボリックな観覧車は風景写真のマストアイテム

  • 【01】気持ちいい海の近くで過ごす