mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

暑い日はペンギンを眺めて涼みませんか?

南米のチリからペルーの沿岸部に生息するペンギンです。日本の気候は比較的飼育に適しており、日本では飼育下のペンギンの仲間では一番多い種です。野生下ではカタクチイワシが主食。野毛山動物園ではアジを食べています。食事の様子は動物たちのお食事タイムでご覧いただけるので、実施日時を確認してご来園ください。

担当飼育員 齋藤愛子さん 「いつでもみんなの人気者。『ナイトのげやま』でも会えます!」

《ペンギンのお食事風景の動画です》

フンボルトペンギン Humboldt Penguin
●分類:ペンギン目ペンギン科
●生息地:チリ、ペルー
●飼育下での寿命:およそ25年
●餌:魚

【さて、ここでクイズです!】
フンボルトペンギンの婚姻様式は?

A) 一夫多妻 B) 一妻多夫 C) 一夫一妻

・・・答えはC。一生涯、一羽と連れ添うと言われています。

 

野毛山動物園
[入園料]無料
[時間]9:30〜16:30(最終入園は16:00まで)
[休園日]月曜日(祝日の場合は翌日)
[TEL]045-231-1307

 

野毛山動物園は現在、「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒される動物園 小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」をコンセプトとして、”動物への理解を深めていただく入り口”として役割を担っております。

  • ショップ・スポット名
    野毛山動物園
  • 住所
    神奈川県横浜市西区老松町63-10
  • 電話
    045-231-1307
  • 営業時間
    午前9時30分から午後4時30分(入園は午後4時まで) 定休日:毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日〜1月1日 ※5・10月は無休です。
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • ビールができるまでをバーチャル体験!

  • ココロもカラダも開放される、最高のひとり時間をホテルで過ごす

  • 橋の真ん中から眺めるみなとみらいの街は、圧巻!

  • 50年前の横浜へ連れていってくれるバーでスロージンフィズ