mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

昔の洗濯機の使い方は?テレビはどうやってつけたの?

 

今から約100年前、電気・ガス・水道といったライフラインはすべての家庭で使えるものではありませんでした。そのため当時の人々は、掃除や洗濯といったくらしに必要なことを手作業で行っていました。

戦後、1955年~73年にかけて、高度経済成長期をむかえ、世の中が豊かになってくると、人々のくらしは大きく変わりました。各家庭にライフラインや電化製品が行きわたり、家事はこれまでよりも手間や時間のかからないものへ変わっていきます。

本展は、このような人々のくらしと家庭の変化について、かつて川崎市内で使われていた生活用具の展示、茶の間や囲炉裏の再現模型、体験コーナーを通してご紹介します。日々のくらしと生活道具、そのうつりかわりをご家族でふりかえってみてはいかがでしょうか。

 

昔のくらしと家庭の道具
[日時]7月7日(土)〜9月9日(日)9:30〜17:00(最終入館16:30)
※7月21日・28日・8月4日・11日・18日(すべて土曜)は19:00まで開館時間を延長(最終入館は18:30まで)。
[会場]川崎市市民ミュージアム 企画展示室2
[休館日]月曜日(但し、7月16日は開館)、7月17日(火)
[料金]無料
[主催]川崎市市民ミュージアム
[TEL]044-754-4500(川崎市市民ミュージアム)
関連イベントなど詳細は川崎市市民ミュージアムの展覧会サイトをご覧ください。

川崎市市民ミュージアムは、「都市と人間」という基本テーマを掲げて1988年11月に開館した博物館と美術館の複合文化施設です。常設・企画展や映像の定期上映を始めとして、講座やワークショップなど様々な事業を展開しています。さらに地域の皆様の文化活動に利用していただくために、ギャラリースペースや研修室など施設の貸出しを行っています。

  • ショップ・スポット名
    川崎市市民ミュージアム
  • 住所
    神奈川県川崎市中原区等々力1-2
  • 電話
    044-754-4500
  • 営業時間
    【開館時間】9:30〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】月曜日(休日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日の場合は開館)、年末年始
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • パイプオルガンの音色に浸る、近藤岳のソロリサイタル!

    開催期間:2018/09/22〜2018.09.22
  • 踊ったり、音楽を聴いたり、つくったり! 無料イベントが続々♪

    開催期間:2018/07/21〜2018.07.21
  • 最新! 最強パワー! ウルトラマンたちが神奈川県民ホールに集結!!

    開催期間:2018/08/04〜2018.08.04
  • 夏の夜、2日間だけ出現! 商店街の空き店舗を使った現代アート展

    開催期間:2018/08/04〜2018.08.05