mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

【表紙裏話】紙で作られた小さな世界観に胸ときめかせて

今号のmirea71号の表紙はいかがでしたか?

夏らしい爽快さ感じるレモンが映える表紙となりました。

商業施設内や駅ナカでパッと目に飛び込んでくる
そんな、楽しい仕上がりになっているのではないでしょうか。

カレンダーを見ながら、夏休みに「何しよう?」
「どんなところへ行こう?」「どんな予定をたてる?」
そんなワクワクする想いを込めて今回は、tegamiyaさんが作ってくださった作品と
すっきり爽やか、ごくごくっと飲みたくなるレモネードをイメージしたmireaのフードと
コラボさせました。

こちらが、tegamiyaさんの作品です。
キラキラした夏の思い出が詰まった紙作品。
とてもキュートですよね。

小さい紙箱のなかに、うきわや向日葵といった夏モチーフが散りばめられています。

tegamiyaさんは、飾りたい立体モチーフから大切な人に贈りたくなるカードまで、
さまざまな形状の紙作品を生み出す紙雑貨作家です。
ご自宅であるアトリエに伺った時、過去の作品をたくさん見せていただきました。
作品作りのきっかけは、大学時代に友人に送る手紙を自作したり、
手づくりの紙モチーフを手紙につけたりしたことから、
「これもっと作ってよ」「販売してみたらいいんじゃない?」と友人に言われたことからだそうです。
そこから自由な発想で、色々な作品を作り続けて早10年以上。

「顔が見える方に届けたい。だから気に入っていただいたお客さまに
直接手渡しできる個展やイベントでの販売が今はメインです」
とのこと。

描いてプリントして、切って貼って…の手作業を大切に、
温かみあふれる独特の世界観で人の心を惹きつけています。
細かい切り貼りを繰り返して出来上がった、教会モチーフの作品も。
ステンドグラス部分には光に透ける紙を使用しているため、
光があたると、また表情を変えてキレイなのです!

「“不思議”が私にとっての大切なキーワード。
忙しい日々でつい見落としがちな不思議なことや面白い発見などを
作品に落とし込むことが多い気がします。

「1つ1つ想いを込めて、丁寧に作っています。
作品を手にしてくださったお客様がそれを見て、使って、
少しでもハッピーな気持ちになったり、
ちょっとした生活の潤いに繋がってくれたらうれしいな、と思いながら」
とtegamiyaさん。

また、最近では、水彩絵具にハマっているそうです。
決して思い通りにはいかない自然に出来上がる色が逆にいいのだとか。
水彩のほわっとした色合いを見ていると何だか気持ちがほぐれていきませんか?

気になるtegamiyaさんの作品や活動内容は下記をチェックしてくださいね。

tegamiya
【blog】http://tegamiya.blogspot.jp/
【Twitter】https://twitter.com/tegamiya_zakka
【Instagram】https://www.instagram.com/tegamiya_zakka/

関連記事

  • プロレタリア美術の先駆者として知られる矢部友衛の画業に迫る

    開催期間:2018.11.29〜2019.03.25
  • 海老名市の近代建築や古民家などを紹介!

    開催期間:2018.10.27
  • 大人も子どもも必見、 映像と演劇を融合した“絵本のようなダンス”

    開催期間:2018.08.22〜2018.08.25
  • 鼓童が新作ツアー「巡-MEGURU-」で横浜にやってくる!!

    開催期間:2018.12.11