mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

夏だ! オーケストラの祭りだ!

気軽にenjoy! コンサートのある暮らし
File.2 フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018
(森光三朗/音楽ライター)

 

フェルティバルの季節がやってくる。
夏のフェスティバルというと、ロックやポップスの野外コンサートを思い浮かべる方も多いと思うが、実は、クラシック音楽界も夏フェスが大好きなのだ。

クラシックのシーズンは秋開幕ということもあり、シーズンオフを利用して大小様々なイベントが花盛り。
モーツァルトの生誕地で開催される「ザルツブルク音楽祭」を筆頭に、ワーグナーが自ら創設した「バイロイト音楽祭」、日頃はクールな英国人が熱狂する「BBCプロムス」、風光明媚なスイスのリゾート地で開催される「ルツェルン音楽祭」。
日本なら「セイジ・オザワ松本フェスティバル(サイトウ・キネン改め)」を思い浮かべる方もいるだろう。

そんな中、オーケストラ好きが毎年心待ちにしているのが、2005年から行われている「フェスタサマーミューザKAWASAKI」だ。

ミューザ川崎シンフォニーホールといえば、世界のマエストロから絶賛される音響の良さで有名。その響きを堪能しながら、首都圏の主要オーケストラの演奏を日替わりで楽しめるなんて、こんな贅沢な音楽祭を聴き逃す手はない。
しかも、比較的低料金なのもうれしい限り。

約3週間に渡って繰り広げられるフェスティバルから、個人的に3つのプログラムをピックアップ。

まずは、ミューザ川崎をホームグラウンドとする東京交響楽団のオープニングコンサート。

《ノット&東響×JAZZスーパースターズ》
■7月21日(土) 15:00開演
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/calendar/detail.php?id=2282

現在、同楽団の音楽監督を務めるジョナサン・ノットは、世界の一流オーケストラと客演を重ねてきた俊英。その彼が自らタクトをとるというのだから、これは聴き逃せない。

しかもプログラムは、ジャズピアニスト・大西順子を迎えたアグレッシブなガーシュウィン。そして前回このコラムでも紹介した、生誕100年で盛り上がるバーンスタイン。オープニングからいきなり熱狂の渦に巻き込まれそうな勢いだ。

 

2つめは、神奈川フィルによる、フランスの作曲家サン=サーンスを聴くプログラム。

《神奈川フィルハーモニー管弦楽団
絶品フレンチⅡ〜天才サン=サーンス》
■8月3日(金) 19:00開演
*15:00開場/15:30〜公開リハーサル
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/calendar/detail.php?id=2277


ホールのシンボルともいえるパイプオルガンと管弦楽の融合がスリリングな官能を生み出す交響曲第3番「オルガン付き」。
酔いしれてください。

そして2007年チャイコフスキー・コンクールの覇者、神尾真由子が奏でるヴァイオリン協奏曲。
聴き惚れてください。
©Shion Isaka

 

3つめは、オーケストラなしでパイプオルガンの荘厳な響きに身を委ねていただきたい、という思いから、鈴木雅明のリサイタルをプッシュ。
「チャララ〜〜」と口ずさめば誰もがピンとくる「トッカータとフーガ ニ短調」を含む全曲バッハ作品の演奏会だ。

《鈴木雅明パイプオルガン・リサイタル
 真夏のバッハⅢ》
■8月11日(土・祝) 18:00開演
*17:00開場/17:20〜 ロビーコンサート
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/calendar/detail.php?id=2290

©Marco Borggrve

鈴木さんは、数々の受賞歴を誇る世界的なバッハ演奏家にして研究者。5248本ものパイプを持つオルガンから放たれるバッハの魂は、まさに音=振動として聴くものの心に響くだろう。

いや〜、フェスティバルって、本当にいいものですね。

 

《フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018》
日程:2018年7月21日(土)〜8月12日(日)
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ
*詳細は下記をご覧ください
http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2018/05/20-100.php

川崎市は長らく工業都市として国内の産業を支えてきましたが、産業構造が変化するなかで、川崎市が文化都市へと変貌していくシンボルとしてミューザ川崎シンフォニーホールは2004年に誕生しました。そして、世界有数の音響を誇ることが評価され、著名なオーケストラによる公演が行われる音楽の殿堂としての地位を確立するなど、川崎市が進める「音楽によるまちづくり」に貢献してきました。また、川崎市とフランチャイズ提携を結んだ東京交響楽団がミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地に日々のリハーサルも含めて活動し、日本のトップランナーとして音楽芸術の創造・発信を行っています。

ミューザ川崎シンフォニーホールは演奏家のポテンシャルを最大限に発揮する優れた音響環境を提供し、心を込めてホールに来るすべての方々をお迎えします。また川崎市を代表する文化拠点として、オーケストラならびに多様なジャンルの音楽家と手を携え、音楽文化の発信と交流の「座」となるホールを目指します。

  • ショップ・スポット名
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 住所
    川崎市幸区大宮町1310
  • 電話
    044-520-0100
  • 駐車場
    有(有料) 【収容台数】343台【営業時間】24時間営業【時間・料金】7:00〜24:00(15分ごと)¥100、24:00〜7:00(60分ごと)¥100
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 笑って健康! 「さるびあ落語」に昔昔亭喜太郎、登場!!

    開催期間:2018/09/12〜2018.09.12
  • 豪華ゲストを迎えて送る、チームカノンによる「A Story of Jazz」 総集編!!

    開催期間:2018/11/22〜2018.11.22
  • 東京交響楽団、時代の寵児となったウルバンスキと約3年ぶりの共演!

    開催期間:2019/03/23〜2019.03.23
  • 気配、蠢き、風、リズム…絵の中で“動く世界”を見つけに

    開催期間:2018/06/23〜2018.09.02