mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

歴女&歴男、必見! 安達一族から鎌倉時代の真実を紐解く!!

 

安達氏は鎌倉時代の武士の一族で、初代の安達盛長が源頼朝に従い、鎌倉幕府の有力御家人の一人となりました。四代目の安達泰盛は、執権北条時宗を支え、蒙古襲来の危機に立ち向かい、幕政を主導していきます。このように鎌倉幕府で重きをなした安達一族は、武家の都鎌倉の政治・宗教・文化と深く関わる存在でした。本展覧会では、国宝称名寺聖教・金沢文庫文書を中心として、さらに安達氏にゆかりのある彫刻・絵画を集め、御家人安達氏という視点から鎌倉時代の歴史を探っていくことを試みます。
*関連講座を開催します。詳しくは神奈川県立金沢文庫HPへ。

 

 

特別展「御仏のおわす国~国宝 称名寺聖教がつむぐ浄土の物語~」
[日時]7月20日(金)〜9月17日(月)9:00〜16:30(入館は閉館の30分前まで)
[会場]神奈川県立金沢文庫
[休館日]月曜日(但し、9月17日は開館)
[料金]20歳以上¥600(¥500)、20歳未満・学生¥500(¥400)、65歳以上¥200(¥100)、高校生¥100(¥100)、中学生以下・障がい者の方は無料
※( )内は20名以上の団体料金。
[TEL]045-701-9069
展覧会特設ページはこちら!

金沢文庫は鎌倉時代のなかごろ、北条氏の一族(金沢北条氏)の北条実時が武蔵国久良岐郡六浦荘金沢(現、横浜市金沢区)の邸宅内に造った武家の文庫です。その創設の時期についてはあきらかではありませんが、実時晩年の建治元年(1275)ごろと考えられています。蔵書の内容は政治・文学・歴史など多岐にわたるもので、収集の方針はその後も顕時・貞顕・貞将の三代にわたって受け継がれ、蔵書の充実がはかられました。

金沢北条氏は元弘3年(1333)、鎌倉幕府滅亡と運命をともにしましたが、以後、文庫は隣接する菩提寺の称名寺によって管理され近代に至りました。現在の金沢文庫は昭和5年(1930)に神奈川県の施設として復興したもので、平成2年(1990)から装いも新たに中世の歴史博物館として活動を行っています。県立金沢文庫は、鎌倉時代の諸相を今日に伝える貴重な文化財を後世に伝えるとともに、その調査・研究の成果を展示や講座を通じて公開し、また、皆様の生涯学習の一拠点としてその役割を果たすべく活動を行っています。

  • ショップ・スポット名
    神奈川県立金沢文庫
  • 住所
    横浜市金沢区金沢町142
  • 電話
    045-701-9069
  • 営業時間
    (平日・土・日・祝日)9:00〜16:30 【休館日】毎週月曜日(祝祭日にあたるときは開館、祝日の翌日休館〈その日が土・日にあたる時は開館〉)
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
  • 平均利用額
    【個人観覧】(成人)¥250、(20歳未満および学生)¥150、(65歳以上および高校生¥100) 【団体観覧】(成人)¥150、(20歳未満および学生)¥100 ※団体は20名以上。 ※特別展開催中は別途料金となります。
  • URL

関連記事

  • 劇団「鴎座」が新作を引っさげ横浜・若葉町ウォーフにやってくる!

    開催期間:2018/06/29
  • CDデビュー5周年記念! これまでのSHISHAMOがいっぱい!!!

    開催期間:2018/07/07〜2018.07.29
  • 所蔵品展「豪華客船ノルマンディー」大西洋航路最速をめざして

    開催期間:2018/06/30〜2018.08.26
  • 恒例の水曜音楽会♪ 8月はパーカッションで夏休みスペシャル!!

    開催期間:2018/08/04〜2018.08.04