mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

極上のフグちりと、野毛のあったかい人情をたっぷりどうぞ


81年続くフグ料理の老舗・福家。三代目主人の酒井芳隆さんは野毛生まれ・野毛育ちで、生粋のハマっ子だ。「野毛の変わらない良さは、世話好きってことでしょね。一歩踏み込めば、あったかい雰囲気になるんですよ。線路の反対側のみなとみらいは近未来的な街で、例えればメタリックな感じ。それに比べて野毛は、木のようなぬくもりがある街ですね」。


福家で扱うのは、フグの王様と言われるトラフグと、もう少しリーズナブルな価格で食べられる正才。フグちりで食す時は、しゃぶしゃぶの要領で10秒ほど出汁にくぐらせればOK。淡白でありながら旨味が凝縮された、フグならではの味わいが口いっぱいに広がる。福家では、出汁をとるために入れるガラはトラフグを使用。酒井さんによれば「旨味の本質は骨の周りにある」というから、人目を気にせず骨までしゃぶり尽くしてほしい!フグはコラーゲンたっぷりだから、残さずにどうぞ。

また、入荷するトラフグは活き〆されたもので、尻尾のあたりを強く押すとビクン!と反応が。フグ刺しで食べるには、〆てすぐではなく35時間ほどおいてからのほうがおいしいという。

フグちりでは、フグ以外の食材にもこだわっている福家。野毛の豆腐屋から仕入れる豆腐は温めすぎず、外はほんのり温かく、中は冷たいぐらいで食べるのがオススメ。春菊もサッと出汁に通すだけで食べると、驚くほどアクが少なく苦味がない。

さらに、ポン酢は自家製。橙を数十年使い続けているジューサーで絞って、ていねいに仕上げていく。酸味がほどよく、フグの味を引き立ててくれる福家の隠れた主役といえそうだ。

福家

創業昭和六年つぎたして続いているうなぎのたれ、自家製のポン酢でいただくふぐ、
横浜では珍しい本格的どじょう料理など、
ジャズをバックに美味しい料理がいただける、野毛の老舗のお店です。

  • ショップ・スポット名
    福家
  • 住所
    〒231-0064 横浜市中区野毛町2-97
  • 電話
    045-231-4896
  • 営業時間
    11:30〜13:30 17:00〜22:00
  • クレジットカード
    可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
  • 駐車場
  • 喫煙
  • サービス料・チャージ
    お通し:500円
  • 平均利用額
    (夜)3,000〜4,000円 (昼)1,000〜2,000円
  • 個室
  • 総座数
    35席
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
  • ドリンク
    アルコール有 ノンアルコール有
  • 貸切
  • URL

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 花山椒が香るピリ辛餃子は、なにも付けずにそのまま頬張って

  • タクシードライバーが通う! ペロリといけちゃうとんかつ屋。

  • 200種類以上の焼酎が並ぶ様子は圧巻!好みの1杯が必ず見つかる

  • 打ち合わせで使える静かなカフェは?