mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

自然と会話が生まれ、人と人がつながる「Cafe&Dining SAKAE」

Yokohama ArtNavi × mirea コラボ連載!
〜食べることが好きな人は 美しいものも好き〜
◆◆◆◆◆The 4th dish◆◆◆◆◆

白を基調とした店内に、長く大きな1台のステンレス・テーブル。テーブル面からは、ハーブのグリーンがのぞき、そばにはころんと野菜たちが並んでいる。今回は横浜・吉田町にあるちょっと変わったカフェダイニング「Cafe&Dining SAKAE」のオーナーシェフ 小松由和さんにお話を伺いました。

◇◇◇◇◇1つのテーブルから生まれるコミュニケーション◇◇◇◇◇

“隠れ家”へ続くような、狭い階段を上ったビルの2階。お店の扉を開けた瞬間に、目に飛びこんでくるのは大きな1台のステンレス・テーブル。長さ7.2メートル、幅1.2メートルのテーブルが、柱や仕切りのないワンフロアにただ一つという、なんとも思い切ったシンプルな空間です。「このテーブルはこの店のコンセプトそのものなんです。オープンキッチンにして、みんなでひとつのテーブルを囲んでいると、料理を作る人と、食べる人の距離感がぐっと縮まり、自然とコミュニケーションが生まれるんですね」。そう話すのは、「Cafe&Dining SAKAE」のオーナーシェフ 小松由和さん。料理人とお客様、お客様とお客様が気軽に交流できる場にしようと、建築家と相談してこの特大のテーブルに決めました。実際に椅子に座ってみると、キッチンがとても近く、調理中のシェフの手もともよく見えます。使われている野菜やハーブなど、食事をしながらシェフに気軽に話しかけられる程よい距離感で、それはまるでお友達の家に招かれたような雰囲気です。

このお店づくりには、大学時代にアルバイトをしたカフェでの経験が大きかったそう。「今人気のサードプレイスといわれるカフェでした。家と職場とは違った、第3の居場所となるサードプレイス。そのカフェではコーヒーを飲む人もいれば、食事をする人もいる。仕事の打合せや友達と談笑する人もいる。その光景を眺めているうちに、自分もこんな空間を作ってみたい、そう思うようになったんです」。飲食店をやる、というよりは、人と人とのコミュニケーションが生まれる“空間を作りたい”という思い。そこから、お店づくりが始まりました。

◇◇◇◇◇テーブルの上の、遊び心◇◇◇◇◇

小学生時代からの幼馴染み3人で共同出資してこの店をオープンすることに決めた小松さん。横浜市栄区生まれの3人は、地元のサッカーチームで同じボールを追いかけていた仲。店名の「SAKAE」はそのチーム名である「栄FC」から名付けたのだそう。そんな仲良しも、お店づくりを始めたころ、大きなテーブルの案に他の二人は大反対。「でも、誰か一人でも面白いと思ってくれる方がインパクトがあって覚えてもらえると。そこは最後までこだわりました」と小松さん。

空間へのこだわりは、ステンレスのテーブル面にしつらえたくぼみに生えるハーブにも表れています。「店内に緑を置きたくて、当初は天井や壁にグリーンを飾ることも考えました。でも東さん(世界的に活躍するフラワーアーティスト 東信(あずままこと)さん)に相談したら、天井や壁に視線を奪われてしまうと、この店の主役であるテーブルの印象が薄くなってしまう、それはもったいないと言われて」。無機質なステンレスのテーブルから生き生きとしたグリーンが生えるそのギャップ。オーダーのたびに目の前のハーブをシェフが摘んでいく楽しさ…。そんな、遊び心もまた、コミュニケーションのきっかけを生んでいます。

◇◇◇◇◇料理を介し、コミュニケ―ションを生む◇◇◇◇◇

「Cafe&Dining SAKAE」では、ケータリングでも注目を集めています。美味しく小粋な料理プランが口コミで広がり、ここ数年で注文は倍々に。もちろんそこでも大切にしているのは、その料理を囲んだ時に生まれる空間づくり。パーティやイベントなど、お客様から催しの主旨を聞き、そこから小松さんがオリジナルの提案をします。「“横浜野菜を使う”とか、“全部手作り”とか、そういう小さなこだわりはもちろん料理一品一品に散りばめています。でも、一番大切にしているのは、全体を見た時にどれだけオリジナリティがあるかということ。単にその場に料理が並ぶということではなく、「SAKAE」の料理を囲んだ時に、その場に集まった人たちの間に少しでもコミュニケーションが生まれたら…と考えてメニューや並べ方を工夫しています」。

地産地消をテーマにした一つ一つの料理へのこだわり。そして、「SAKAE」の料理を囲むことで人と人の間に笑顔をもたらし、その日、その瞬間でしか味わえない特別な空間を作りあげることを大切にする。人が好き、コミュニケーションが好きと笑う小松さん。彼が目指すサードプレイスな空間は、これからますます広がっていくはずです。

【Cafe&Dining SAKAE】
横浜市中区吉田町5-1 第一吉田ビル2F
TEL,045-241-5801
http://www.sakae-dining.com/

Cafe&Dining SAKAE

SAKAEは横浜の関内吉田町にあるちょっと変わったカフェダイニング。店内にひとつしかない大きなテーブルで、横浜野菜を中心としたおいしい地元野菜料理が楽しめる空間。

  • ショップ・スポット名
    Cafe&Dining SAKAE
  • 住所
    横浜市中区吉田町5-1 第一吉田ビル2F
  • 電話
    045-241-5801
  • 営業時間
    18:00〜22:00(L.O.21:00) ※不定休 営業予定はHP参照(http://www.sakae-dining.com)
  • クレジットカード
    不可
  • 駐車場
  • 喫煙
    不可
  • 予約
  • 平均利用額
    ¥2,000〜¥3,000
  • 個室
  • 総座数
    17席(貸切時は着席最大20席、立食最大30名)
  • ペット
    不可
  • テイクアウト/お弁当
  • お子様メニュー
    相談可能
  • ドリンク
    ビール、グラスワイン、ボトルワイン、梅酒、スパークリングワイン、カクテル、コーヒー、各種オーガニックティー、ソフトドリンク
  • コース料理
    SAKAE定番コース ¥2,500、 月替わりお肉メインコース ¥2,500、 お魚メインコース ¥2,500、 お肉&お魚メインコース ¥3,000、 飲み放題プラン (2時間)+¥1,500、(2時間半)¥2,000 ※上記は全て税抜価格です。
  • 貸切

マップ

関連記事

  • 一緒に見て、触れて! 体感ミュージアムで自然の神秘に触れよう

  • おいしくて、からだにやさしい「野草茶」のこと。

  • 最先端に触れてみよう!彼の楽しむ姿に私の心も弾む

  • ぐるぐるライン、これどうなってるの? その答えは…!!!!