mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

歯に関する資料が一堂に! 全国でも珍しい「歯の博物館」

突然ですが、皆さんは「朝起きたら、まず歯を磨く派」ですか?それとも「朝食を済ませてから磨く派」ですか?隊員Aは食後派で、「食べる前に磨くと、歯磨き粉の味が残って食事がおいしくない」というコダワリがあるのですが、実はこの前か?後か?には歯磨きの歴史が深ーくかかわっていたんです!
今回、そんな興味深い話を教えてくださったのが、「歯の博物館」の大野粛英館長。なんでも東洋の歯磨きのルーツは、仏教に端を発した「みそぎ」で、お釈迦様が弟子たちに身を浄めるため「歯木」で歯を磨くことを勧めたんです。歯木とされた小枝の一端は噛むことで木の繊維が房状になり、これが江戸初期に「房楊枝」に改良され、歯ブラシ代わりに使われていたそう。一方、「食後に磨く」が広まったのは、西洋から「口腔衛生」の考え方が入ってきた明治初期以降。なるほど、日本では食後派のほうが「新参者」なんですね。
歯に関するこうした歴史を学びながら、今では貴重なお歯黒の道具や、室町時代に作られた木製義歯などを見学できる「歯の博物館」は全国でも珍しい存在。無料で見学OKですが、要予約なので、お出かけの際はお電話をお忘れなく。

《歯磨きの歴史あれこれ》
現在でも、密教の儀式で使われている歯木。

白魚を模したものなど、いろいろな楊枝があり、歯磨き粉は人気の江戸みやげだったそう。

房楊枝には男性用・女性用があり、女性用はお歯黒が剥げないよう柔らかく作られていた。

これまでに発見された日本最古の義歯は木製。その後、ゴム製・金属製の義歯が西洋から入ってきた。

女性のたしなみとされた「お歯黒」には虫歯予防の効果もあったそう。

歯に関するさまざまな浮世絵も多数見られる。

《歯ブラシにも世相が!》
昭和初期に一般的だったのは、柄がセルロイドの歯ブラシ。輸出も多くされていたそう。

戦争が始まると、セルロイドの原料が貴重になったため、竹製の歯ブラシが多く使われるようになった。

戦前から戦中に使われた歯磨きのホーロー看板。

《治療いす いま・むかし》
かつては手動で、歯を削る機械を動かしていたそう。明治のころは足踏みエンジンで1,200から1,500回転。その後、大正期には電気モーターで約3,000回転に。

昭和35年頃になるとエアタービンが使われるようになり、約30万回の高速回転に。現在はダイヤモンドの粉末がついた切削具で歯を削っていく。

歯の博物館

古い時代の歯ブラシや入れ歯、お歯黒の道具など、歯に関する貴重な品々を見学できるスポット。歯に関する資料が一堂に会する博物館は全国でも貴重だそう。見学は無料だが、必ず事前に電話予約を。

  • ショップ・スポット名
    歯の博物館
  • 住所
    横浜市中区住吉町 6-68 神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会館) 7階
  • 電話
    045-681-2172
  • 営業時間
    平日(月曜〜金曜)10:00〜16:30(正午〜13:00を除く) ※電話にて事前予約をしてください。

マップ

関連記事

  • 自然豊かな七沢の恵み 湧き水で作られるアジアン料理

  • 新鮮搾りたてをお届け 風味豊かなオリーブオイル

  • 海を感じながら 魚介たっぷりのパエリアに舌鼓

  • 心ゆくまで箱根の川を眺めながらスペシャルティコーヒーを堪能