mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

漱石先生、鴎外先生…明治の作家先生たちの素顔を覗く!!

 

明治時代、西洋に追いつくためさまざまな文化が輸入され、多くの日本人が初めて近代的自我をもつ西洋の小説に触れました。そして二葉亭 四迷、森鴎外、北村透谷、国木田独歩、島崎藤村、田山花袋、夏目 漱石、石川啄木らの作家たちは、新しい時代の日本の文学がどうあるべきか、テーマや文体について模索、苦悩しながら作品を生み出していきました。明治150年にあたる本年、日本近代文学の黎明期の作家たちの葛藤を独自の解釈により書いた高橋源一郎氏の小説『日本文学盛衰史』をもとに、時代の開拓者である明治の作家たちを貴重な資料で紹介します。

 

 

特別展「明治、BUNGAKUクリエイターズ」
[日時]4月21日(土)〜7月8日(日)9:00〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]鎌倉文学館
[休館日]6月18日(月)、7月2日(月)
[特別協力]高橋源一郎(作家)
[料金]一般¥400、小・中学生¥200
[TEL]0467-23-3911(鎌倉文学館)
[URL]http://www.kamakurabungaku.com/

 

関連イベントもチェック!!
資料解説講座「作家と酒」
館収蔵の資料から、天広丸、吉井勇、里見弴、小津安二郎、清水基吉ら酒を愛した文学者を文学館職員が紹介します。
[日時]7月6日(金)14:00〜15:00
[会場]鎌倉文学館 1F講座室
[講師]鎌倉文学館職員
[定員]20名(申込制)
[料金]無料(要観覧料)
[〆切]6月25日(月)必着
[申込方法]
ハガキ、メール、またはFAXにイベント名(資料解説講座「作家と酒」)、住所、氏名、電話番号、参加希望人数(2名まで)を記入し鎌倉文学館「資料解説講座「作家と酒」」係までお送りください。お申込はお一人につき1件でお願いします。
ハガキ:〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「各イベント名」係
メール:event2018@kamakura-arts.or.jp
FAX:0467-23-5952
※応募者多数の場合は抽選し、当落はハガキでご連絡します。
※メール・FAXでのお申し込みは締切日の17時までとさせていただきます。
※個人情報はイベントの詳細な案内のみに使用し、他の目的に使用することはありません。
[TEL]0467-23-3911(鎌倉文学館)

長谷寺から歩いて約10分、三方を緑に囲まれた鎌倉文学館は、鎌倉ゆかりの文学者の資料など展示されています。

  • ショップ・スポット名
    鎌倉文学館
  • 住所
    神奈川県鎌倉市長谷1丁目5?3
  • 電話
    0467-23-3911
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • ガーデンネックレス横浜

  • 氷上のスポーツ、カーリングの面白さを親子で体験しよう

    開催期間:2018/07/16〜2018.07.16
  • 0歳から入場可能な、大人もこどもも楽しめる“夏休み限定”落語会

    開催期間:2018/07/21〜2018.07.21
  • 七宝絵の具を使って、オリジナルアクセづくりに挑戦

    開催期間:2018/05/12〜2018.07.08