mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

博物館でコンサート♪7月は“横浜フランス月間”にちなんだ曲を

(TOP画像)写真はイメージです。

 

日本郵船歴史博物館では毎月第2土曜日にクラシックコンサートを開催しています。7月は、フランス文化の祭典“横浜フランス月間2018”にちなんだ曲をお届けします。入館料のみでお楽しみいただける気軽な生演奏のコンサートです。皆さまのご来館をお待ち申し上げております。

 

「コンサート in ミュージアム」
[日時]7月14日(土)〈1st.ステージ〉14:00〜14:40/〈2nd.ステージ〉15:20〜16:00
※2回のステージは同じ演目です。
[会場]日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム
[出演・演目]
【福井早枝子(ソプラノ)・川畑順子(ソプラノ)・桑田葉子(ピアノ)】
この美しき地球に(作詞:F.ピアポント、作曲: J.ラター)、鞠と殿様(作詞:西条八十、作曲:中山晋平、編曲:岩河智子)、おてもやん・バラフレーズ(熊本県民よう、作曲:滝本泰三)、ホフマンの舟唄(作詞:松坂直美、作曲:J.オッフェンバック)、おお シャンゼリゼ(作詞:安井かずみ、作曲:M.ディガン、M.ウィルシュ)、この地球ではどんな魂も(作詞:V.ユゴー、G.フォーレ)

【大岡三佐子・河島玲奈・後藤菜美・村上雅基(全てフルート)】
亜麻色の髪の乙女(作曲:C.ドビュッシー、編曲:安井淳)、フルート四重奏曲より 1楽章、3楽章、4楽章(作曲:P.デュボワ)、彼方の光(作曲:村松崇継、編曲:新垣賢司)、情熱大陸(作曲:葉加瀬太郎、編曲:辻峰拓)、オブラディ・オブラダ(作曲:J.レノン、P.マッカートニー、編曲:小山 恭弘)
[料金]入館料のみ(一般¥400、中高生・シニア〈65歳以上〉¥250、障がい者手帳および特定疾患医療受給者証ご提示の方は無料〈含む介護者1名〉)
[TEL]045-211-1923(日本郵船歴史博物館)
※演奏は「市民に生の音楽を」と活動している横浜市民広間演奏会会員の皆様によるものです。

近代日本海運の黎明期から今日に至るまでの近代日本の 海運史を、映像・写真・客船パンフレット・モデルシップなどでご紹介します。

  • ショップ・スポット名
    日本郵船歴史博物館
  • 住所
    横浜市中区海岸通3-9
  • 電話
    045-211-1923
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • 彫刻の森美術館でコレクション展開催中! 彫刻の原点とは?

    開催期間:2018/03/07〜2018.10.28
  • 初めてバレエを観る人も、 バレエファンも両方楽しめるガラ公演

    開催期間:2018/07/21〜2018.07.21
  • 絵本作家かこさとし、創作の秘密に迫る過去最大規模の展覧会

    開催期間:2018/07/07〜2018.09.09
  • 演出家、渡邊守章が能とクローデル作品の魅力を徹底解析

    開催期間:2018/06/24〜2018.06.24