mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

奄美の自然を色鮮やかに。孤高の画家、田中一村の世界

(TOP画像)田中一村「熱帯魚三種」昭和48年(1973) 岡田美術館蔵 ©2018 Hiroshi Niiyama

 

岡田美術館(館長・小林忠)では、9月24日(月・祝)まで、田中一村(たなかいっそん)(1908-77)の生誕110周年を記念し、特別展「初公開 田中一村の絵画 ー奄美を愛した孤高の画家ー」を開催いたします。

一村は、江戸時代の奇想の画家、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)と、画風や生き方が時代を超えて通じ合う点が多く、「昭和の若冲」とも称される画家です。50歳で奄美大島へ移住してからは、生涯最後を飾る絵を描くという決意のもと、亜熱帯の植物や鳥などを題材にして、生命力あふれる新しい日本画の世界を切り拓きました。生前は無名に等しかったものの、2010年に千葉市美術館で開催された「田中一村 新たなる全貌」展では、同館で過去最高の入館者数を記録するほど、人気と評価が高まりました。

 


田中一村「白花と赤翡翠」昭和42年(1967) 岡田美術館蔵 ©2018 Hiroshi Niiyama

 

本展では、「白花と赤翡翠(しろばなとあかしょうびん)」、「熱帯魚三種」をはじめとする当館収蔵の一村作品を初公開し、最高傑作と名高い「アダンの海辺」(展示期間8/24~9/24、個人蔵)を特別に展示します。奄美時代に制作された稀少な作品のほとんどは、奄美大島にある田中一村記念美術館か個人蔵であるため、奄美の地以外で鑑賞できる数少ない機会です。併せて、伊藤若冲や、東京美術学校の同級生であった東山魁夷、一村が学んだ中国絵画、文人画などの名画を展示し、一村の世界を辿ります。

 


田中一村「あぢさい」 岡田美術館蔵 ©2018 Hiroshi Niiyama

 

見どころ1
一村が魅せられた奄美の自然
奄美時代の稀少な作品を一村直筆の添え状とともに公開。

見どころ2
一村・魁夷・若冲の競演
東京美術学校時代の同級生・魁夷と、時代を超えた好敵手というべき若冲。

見どころ3
幸せのシンボル、花卉(かき)・花鳥の美術
幸せを招くことこそ花卉・花鳥画の使命。「お金持ち」「長生き」「夫婦仲良く」など。

見どころ4
岡田美術館で楽しむ、描かれた花々
描かれた花々を庭で愛でれば、美術鑑賞の楽しみが倍増!

 


田中一村「花菖蒲」 岡田美術館蔵 ©2018 Hiroshi Niiyama

 

初公開 田中一村の絵画
ー奄美を愛した孤高の画家ー
[日時]4月6日(金)〜9月24日(月・祝)9:00〜17:00(入館は16:30まで)
[会場]岡田美術館
[休館日]会期中無休
[料金]一般・大学生¥2,800、小中高校生¥1,800
[TEL]0460-87-3931(岡田美術館)

 

関連イベントもチェック!!
〈講演会〉田中一村と生命の輝き
[日時]7月29日(日)13:00〜14:30
[会場]岡田美術館 5Fホール
[講師]小林忠(岡田美術館 館長)
[定員]80名
[料金]無料(要入館料)
[申込方法]電話(0460-87-3931)にてお名前・人数・ご連絡先をお知らせください。定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。

〈講演会〉一村の愛した奄美
[日時]9月16日(日)13:00〜14:30
[会場]岡田美術館 5Fホール
[講師]宮崎緑(千葉商科大学 教授、田中一村記念美術館 館長)
[定員]80名
[料金]無料(要入館料)
[申込方法]電話(0460-87-3931)にてお名前・人数・ご連絡先をお知らせください。定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。

〈ギャラリートーク〉小林館長によるギャラリートーク
[日時]6月20日、7月4日・18日、8月1日・15日、9月5日・19日(毎月第1・3水曜日)
[時間]11:00〜
[料金]無料(申込不要、要入館料)

〈ギャラリートーク〉学芸員によるギャラリートーク
[日時]9月14日(金)までの毎週金曜日
[時間]11:00〜
[料金]無料(申込不要、要入館料)

岡田美術館は2013年10月、箱根・小涌谷に開館しました。全5階、展示面積約5,000㎡という屋内展示面積としては箱根随一を誇る広大な館内に、日本・東洋の陶磁器や絵画などの美術品を常時約450点展示しています。日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遺したい、との願いから、美術館が構想されました。美術館の正面を飾るのは、現代日本画家・福井江太郎氏によって描かれた縦12メートル、横30メートルの風神・雷神の大壁画「風・刻(かぜ・とき)」(2013年)です。観覧後は、源泉かけ流しの足湯カフェや、庭園散策をお楽しみいただけます。

  • ショップ・スポット名
    岡田美術館
  • 住所
    神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
  • 電話
    0460-87-3931
  • 営業時間
    【開館時間】9:00〜17:00(入館は16:30まで) 【休館日】12月31日、1月1日、展示替のため臨時休館あり
  • 駐車場
    有(80台、うち身障者用2台)。美術館ご利用の方は駐車料金無料です。
  • 平均利用額
    【入館料】一般・大学生¥2,800、小中高生¥1,800
  • URL

関連記事

  • 油彩、水彩、墨絵にまで変容を遂げる画家・鈴木愛弓の作品を展覧

    開催期間:2018.09.19〜2018.09.29
  • 日本画の巨匠・小倉遊亀、モダンで明るく慈愛に満ちた作品約120 点

    開催期間:2018.10.06〜2018.11.18
  • 太陽の塔リニューアル記念! 岡本太郎が生んだパブリックアートの世界

    開催期間:2018.07.14〜2018.09.24
  • 今年で生誕120年となる建築家アルヴァ・アアルト展、開催

    開催期間:2018.09.15〜2018.11.25