mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

【御菓子司 横浜紅谷】創業66年。変わらぬおいしさがうれしい

ザ! 王道な和菓子こそ
また食べたくなる本物の味を

和菓子の老舗「横浜紅谷」は京急富岡駅東口から歩いてすぐの場所にあります。お店の規模は小さいながら、そこに広がる和菓子の魅力は無限大!

常時30種類以上あるなかで、一番人気は「豆大福」です。ふんわり口解けのよい餅皮にぎっしりと詰まったこしあん。赤えんどう豆の食感とともに、程よい塩気と上品な甘さが絶妙で、「もう一口!」と食べる手が止まりません。小ぶりなサイズ感も◎。

「うちは塩加減が決め手!」と店主の鈴木さん。その言葉通り、甘さを引き立てる塩気がどの和菓子にも奥行きを持たせています。先代から変わらぬ味を引き継いだこの豆大福、平成24年開催の「ガチあま!」で金賞を受賞した実力派。その他、みたらしやどら焼きなどおすすめ多数。ぜひお店に足を運んでみてください。

豆大福 130

外観はこちら。

お店のなかはこんな雰囲気。

ショーケースには色とりどりの和菓子が並びます。

どら焼きなどがズラリ並んだ棚も。

人気の豆大福が整列している姿はなんとも愛らしい♪

ガチあま!金賞受賞のタテがどーんとお店にも。

箱詰めで購入するとこんな感じで1つずつパッケージ包装されています。

その他、人気の和菓子を少し紹介すると…

こちらは、みたらし団子!

白いふんわり滑らかなおもちに、甘じょっぱいたれ。
黄金コンビですね。

お赤飯は、ゴマ塩もセットで。

こちらも、塩加減が絶妙!

そして、店主が「こちらも隠れたヒット商品です!」と言いながら出していただいた和菓子。
その名も、金柑むすめ。

こちら、見た目の素朴さからは想像できないほど、食べた時に驚きと感動のある一品。

中身はこんな感じ。

金柑を甘露煮したものを白あんで包み、わらびもちでくるんでいるそうなのですが、ゆずの酸味も加えているそうで、さっぱり、ジューシー。周りは氷もちで化粧されています。甘酸っぱい、金柑の香りと味が口いっぱいに広がりってとってもおいしい。

どの和菓子も、「おいし〜」とうなってしまうものばかり。
遠方からの来客もあるという、老舗の和菓子『御菓子司 横浜紅谷』。

ぜひお店に足を運んで、おいしさを堪能してみてください♪

御菓子司 横浜紅谷

京急富岡駅東口から歩いてすぐの場所。和菓子の老舗です。和菓子の定番、上生菓子、みたらし、どら焼きなど常時約30種類以上あるなかで、一番人気は「豆大福」。H24年開催の「ガチあま!」で金賞を受賞した実力派。さらに、どら焼きは糖尿病の方でも食べられるようにと医療関係者も含めて開発した低カロリーなものもあります。その他、期間限定の和菓子も。

  • ショップ・スポット名
    御菓子司 横浜紅谷
  • 住所
    横浜市金沢区富岡東6-1-7
  • 電話
    045-772-3340
  • 営業時間
    富岡本店:横浜市金沢区富岡東6-1-7/9:00〜18:30/年始休み 045-772-3340 能見台店:横浜市金沢区能見台通8-3/10:00〜18:00/年始休み 045-370-8618
  • クレジットカード
    なし
  • 駐車場
    なし
  • 喫煙
    なし
  • 予約
    有り
  • サービス料・チャージ
    なし
  • 平均利用額
    500〜1000円前後
  • 個室
    なし
  • 貸切
    なし

マップ

関連記事

  • 熱々スープをそのままテイクアウトできる魔法瓶水筒

  • 生活感の出やすいアイテムは、シックなブルーでまとめて

  • 豆苗の豆知識

  • 本場イタリアの味を召し上がれ