mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

朗読劇という静のステージで、松本清張の世界に浸る

(TOP画像/左から)津田恵一、柳生啓介、浜名実貴

 

松本清張の作品2作を朗読劇でお届けするスペシャルナイト。ひとつは、「青春の彷徨」(上映時間30分)昭和28作。愛し合う若い二人が死に場所をもとめて阿蘇・耶麻渓を彷徨い歩いた末に見つけたのは・・・。青春の甘美な哀しみの底に流れる不安感をとらえた作品です。

もうひとつは、芥川賞を受賞した清張の出世作「或る『小倉日記』伝」(上映時間65分)昭和27年作。生まれつき身体の不自由な主人公は母とともに、散逸したままになっている森鴎外の「小倉日記」の空白を埋めるため、鴎外の足跡を追って凄絶な母子二人三脚の旅を続ける。困難に屈することなく、力の限り目標に向って生き抜いた主人公の短くも鮮烈な人生や彼を全身全霊で支えた母の愛の強さを描いた作品です。

朗読劇という静のステージ、どうぞじっくりとお楽しみください。

 

松本清張 朗読劇 前進座公演
[日時]7月20日(金)18:30〜(18:00開場)
[会場]相模原南市民ホール
[原作]松本清張
[脚色・演出]鈴木幹二
[出演]津田恵一、柳生啓介、浜名実貴(全て前進座)
[料金](全席指定)一般¥2,500、シルバー(60歳以上)¥2,000
[主催]公益財団法人相模原市民文化財団
[TEL]042-749-2110(相模原南市民ホール)
[URL]http://hall-net.or.jp/04minamishimin/?p=940
[チケット情報]http://w.pia.jp/a/00124453/
■チケットムーヴ.net
○〈チケットぴあ〉〈セブン-イレブン〉でお引き換えください。
○チケット料金のほかに、手数料がかかります。
※未就学児はご遠慮ください。

相模原南市民ホールは、市民文化の向上と福祉の増進を願って、二つ目の市民会館として設置されました。400席の客席を有し、音楽会や各種発表会をはじめ、研修会、イベント等の開催など、より多くの方々の身近な文化活動の場としてご利用いただけます。また、音楽会や演劇等の文化的催し物の鑑賞の場としてお気軽にお越しください。

  • ショップ・スポット名
    相模原南市民ホール
  • 住所
    相模原市南区相模大野5-31-1
  • 電話
    042-749-2110
  • 営業時間
    9:00〜22:00
  • 駐車場
    無(南市民ホール専用の駐車場はございませんが、お車でお越しの際は、南区合同庁舎・第2駐車場へ駐車いただきますようお願いします。なお、混雑する場合もございますので公共交通機関をご利用ください。)
  • URL

関連記事

  • 夏休み恒例!! 日本郵船歴史博物館で、こどものための音楽会♪

    開催期間:2018/08/11〜2018.08.11
  • Charaが率いる話題のプロジェクトによるスペシャル・ツアー!!

    開催期間:2018/06/16〜2018.06.17
  • 「はたらくのりもの」が、今年も三菱みなとみらい技術館にやってくる!

    開催期間:2018/06/20〜2018.07.08
  • 2部形式で、オペラとミュージカル作品の登場人物を歌い分ける!

    開催期間:2018/08/08〜2018.08.08