mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

障がいがある人もない人も、一緒に楽しめるコンサート♪

 

ハンデキャップのある方もお楽しみいただけるようプライオリティ・サポートをご用意しております。ボディソニック(体感音響システム)席では、振動が身体に伝わり、聴覚に障がいをお持ちの方(補聴器を使っている難聴、または中途失聴の方)も、ヘッドフォンや磁気ループからの音と一緒に全身で音楽を楽しむことができます。生まれつき耳の聞こえないろうの方は、振動によってのみ音楽を楽しむことができます。また、はじめての場所にご不安のある方や、事前に鑑賞準備をされたい方のために、会場の説明・案内などを通して、来場への予行練習・体験をしていただく「はじめてのコンサートホール体験会」をご用意しております。

 

東京交響楽団
ファンタスティック・オーケストラ~みんなで集えるコンサート~
[日時]10月9日(火)11:00〜(10:30開場)
[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール
[出演]円光寺雅彦(指揮)、大谷康子(ヴァイオリン)、吉田孝(司会・ナレーション)、東京交響楽団(演奏)
[曲目]ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲より スイス軍の行進、小室昌広:ディズニーのメロディによる管弦楽入門、マスネ:タイスの瞑想曲、サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン、ボロディン:だったん人の踊り
[料金](全席指定)一般¥1,000、こども(4歳〜中学3年生)¥500、シニア(65歳以上)¥500、ハンディキャップ(障がい者手帳をお持ちの方)¥500
※こども・シニア券は公演当日に年齢が確認できるもののご提示をお願いする場合がございます。
※ハンディキャップ(障がい者手帳をお持ちの方)、ボディソニック(体感音響システム)席等、鑑賞サポートサービスをご希望のお客様は、TOKYO SYMPHONY チケットセンターへのお電話(044-520-1511)またはEメール(fan37@tokyosymphony.com)でお申込みください。
[チケット販売]
■TOKYO SYMPHONYチケットセンター(TEL)044-520-1511(WEBでのお申込はコチラ
■ミューザ川崎シンフォニーホール(TEL)044-520-0200
[TEL]044-520-1511(東京交響楽団)
※4歳以上入場可。
※休憩なしの約60分の演奏会です。

川崎市は長らく工業都市として国内の産業を支えてきましたが、産業構造が変化するなかで、川崎市が文化都市へと変貌していくシンボルとしてミューザ川崎シンフォニーホールは2004年に誕生しました。そして、世界有数の音響を誇ることが評価され、著名なオーケストラによる公演が行われる音楽の殿堂としての地位を確立するなど、川崎市が進める「音楽によるまちづくり」に貢献してきました。また、川崎市とフランチャイズ提携を結んだ東京交響楽団がミューザ川崎シンフォニーホールを本拠地に日々のリハーサルも含めて活動し、日本のトップランナーとして音楽芸術の創造・発信を行っています。

ミューザ川崎シンフォニーホールは演奏家のポテンシャルを最大限に発揮する優れた音響環境を提供し、心を込めてホールに来るすべての方々をお迎えします。また川崎市を代表する文化拠点として、オーケストラならびに多様なジャンルの音楽家と手を携え、音楽文化の発信と交流の「座」となるホールを目指します。

  • ショップ・スポット名
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 住所
    神奈川県川崎市幸区大宮町1310
  • 電話
    044-520-0100
  • 駐車場
    有(有料) 【収容台数】343台【営業時間】24時間営業【時間・料金】7:00〜24:00(15分ごと)¥100、24:00〜7:00(60分ごと)¥100
  • URL

このスポットの記事

関連記事

  • バッティストーニが名作オペラ・アリアに新たな感動を巻き起こす

    開催期間:2018.11.20
  • 電動ロクロを使って、はじめてさんのための陶芸ワークショップ

    開催期間:2019.02.02
  • 三宮正満が奏でる多彩なオーボエの響きをたっぷりと

    開催期間:2018.11.17
  • 100組を超えるクリエイターが参加! 街なかフェスを気軽に楽しむ

    開催期間:2018.11.03〜2018.11.04