mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

マニアじゃなくても夢中になれる!ブリキのおもちゃ博物館

横浜のアートな空間に、mirea編集部が潜入!
YOKOHAMA ART SPOT FILE – No.7

ゼンマイ式おもちゃとの出会いに興奮!
ブリキのおもちゃ博物館

1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造されたブリキのおもちゃが約3,000点展示されている博物館です。乗り物、ロボット、動物など色とりどりのまさにアートと呼ぶにふさわしい玩具がずらりと並んでいます。博物館のアイドル、ロビー君の熱烈な歓迎もうれしい!


横浜山手の閑静な住宅街にあるブリキのおもちゃ博物館。目印は緑の屋根と、ピンク色のラビットくん。


エントランス付近はブリキのおもちゃが購入できるショップスペースに。

館内奥が、博物館になっています。


実際にブリキのおもちゃを使った製造工程の説明も面白い!


さらに奥に進むと、外国製ブリキのおもちゃのコーナーに。100年以上前に作られたものも多数! ひとつひとつ精巧に、彩りも美しく作られているので思わず見入ってしまいます。


今、見るのは珍しい日本ならではのブリキのおもちゃも。

この博物館には裏庭があり、テラスも開放されています。


ロビー君も自由に歩きまわれて気持ちよさそう!

お子様から大人まで楽しめるアートスポット、ぜひご家族やお友達を誘って訪れてみてください。

ブリキのおもちゃ博物館
[営業時間]9:30〜18:00(土・日・祝は19:00まで)
[住所]横浜市中区山手町239
[料金]大人¥200、小・中学生¥100
[問合せ]045-621-8710

ブリキのおもちゃ博物館

ブリキのおもちゃ博物館では、1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造された玩具約3,000点を常設展示しています。北原館長が1973年頃から収集したコレクションの一部です。多くの人達に見てもらいたい、そんな思いから1986年4月にオープン。古い洋館を改装した博物館に展示されたブリキのおもちゃたち。外人墓地や古い教会の並ぶエキゾチックで異国情緒あふれるこの横浜で、夢中で遊んだあの頃に帰ってみてはいかがですか。

  • ショップ・スポット名
    ブリキのおもちゃ博物館
  • 住所
    横浜市中区山手町239
  • 電話
    045-621-8710
  • 営業時間
    (平日)9:30〜18:00 (土・日・祝)9:30〜19:00

マップ

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 寄り道の旅

  • さくさくワッフル付アイスクリームで夏気分を満喫

  • まるでお祭りのようなきらめく出店に誘われて…カンショットに挑戦

  • マニアじゃなくても夢中になれる!ブリキのおもちゃ博物館