mirea 街を彩る ヒト・モノ・コトをつなぐ[ミレア]

昭和2年に横浜で生まれた「オリツルラムネ」がルーツ

日本人で初めてサイダー製造の工業化に成功したのは横浜扇町の秋山巳之助氏で、1899年のことだった。その後、昭和2年に横浜坪井屋が「オリツルラムネ」の製造販売をはじめ、翌年には「オリツルサイダー」の製造を開始。背MGPじゃマッカーサー劇場やゲーリック球場などに納入され、評判となったという。
(左)横濱みなとみらいサイダー(右)横濱オリツルサイダー 各250 円。


オリツルサイダー、崎陽軒のシウマイをはじめ、新旧の横浜土産がラインナップ。お土産探しに最適なのはもちろんだが、店内を歩いているだけでワクワクする。

ヨコハマ メモリーズ
ランドマークプラザ 5F
[TEL]045-222-5360

オススメ!掲載記事

関連記事

  • 【ストラスブール】手間を惜しまず作られた上質な味

  • チェック柄のシャツは秋コーデの大定番

  • ぷるんぷるんの爽やかなゼリーに、ジューシーな果実が包まれて

  • 横浜を楽しむ1日